ホーム » 未分類 » あこがれの小説家になるには電子書籍で自費出版を

あこがれの小説家になるには電子書籍で自費出版を

あなたも小説家デビューをしてみませんか?。今は紙の媒体による出版のみならず電子出版という新しい出版形態が登場し、その勢いは目を見張るものがあります。2012年度における電子書籍の市場規模は729億円でしたが、2017年度の予測では3倍以上の2,400億円市場にまで膨れあがると見られています。

この電子書籍による電子出版が小説家の道を切り開いているのです。その電子書籍の作成をサポートし、電子出版までのプロセスをサポートしているのがゴマブックス株式会社が運営しているウェブサイト「電子書籍のブックスペース」です。ゴマブックス株式会社

小説家になるには電子書籍のブックスペースを利用されるといいと思います。ブックスペースは、電子書籍で安く自費出版ができるサービスです。もちろん、電子書籍の出版だけでなく、きちんと配信までをサポートしてくれるので安心です。ブックスペース(BookSpace)は簡単にしかも安い費用で電子書籍が作成でき、あなたの作品を電子出版してくれる販売可能なWebサービスです。

小説家デビューを目指す方、小説家になりたい方にとっては書き溜めた作品を世に出すチャンスにもなりますよね。夢の小説家になるには、ゴマブックスが主催するシンデレラプロジェクトに登録され、参加されることをおすすめします。
小説家デビューを目指す方、なりたい方を応援している、小説家になるには電子書籍のブックスペースをぜひおすすめします。

未分類

コメントはまだありません to “あこがれの小説家になるには電子書籍で自費出版を”

Leave a Reply

(必須)

(必須)